経血の状態で分かることもある。

Category : ビューティーマインド
2019.06.16

【神戸栄町通】

Private Salon  Eir

プライベートサロン エイル

オーナーセラピスト

田原 由佳 です。

夕方の散歩は

こんな出たてのお月さま見えたりします。

 

 

数年前に

荒れ切った生活から一転、

食べるものや生活習慣まで一気に変えたところ

肌や身体の変化に気づく前に

生理の血が変わったのをよく覚えてます。

 

真っ赤な鮮血になっていて。

とってもビックリしました。

そして相当、身体に負担をかけていたんだって

反省もしたんですけどね。

 

便と一緒で経血も、

量や質をチェックしておくのは

大切なセルフケア。

 

本来ならば毎月見るものなので

比べるのは難しいかもしれないけど

経血は

子宮が元気な状態なら

「血」なので真っ赤でサラサラな状態です。

 

これが

ドロドロしていたり

色が濃い、茶色がかっているようだと

ちょっと元気がないと考えていいと思います。

 

女性器は

副交感神経という自律神経が優位だと健康状態。

なので

ストレス過多だったりいつも忙しくして

交感神経優位が続くと

子宮は疲れてしまいます。

 

 

夜に副交感神経が優位であれば

子宮は休んでいるはずなので

寝ている間に経血がどっと出るってことは

自律神経が乱れている証拠、と言えます。

 

本来ならば

夜用ナプキンなんていらないはずなんですよね。

 

なので

日が暮れたら

副交感神経を優位にさせるために

ゆっくり過ごすべきです。

 

子宮は

子供を作ったり

女性にとってホルモンの源でもある

大事な臓器。

 

経血が鮮血でサラサラであるってことは

ひとまず問題はないので

それを目指して整えるのも

ひとつのセルフケアです!

 

 

ぜひチェックしておいてくださいね!

 

 

 

女性は揺るぎやすいからこそ、

中からのキレイを目指してます。ヒントはコチラから!

 

↓↓↓とりあえずクリック↓↓↓

無料メルマガ】

美肌偏差値アップ!エイジングケア講座